悪縁切り守り 安井金毘羅宮


悪縁切り守り 安井金毘羅宮

安井金毘羅宮は、第38代天智天皇の御代に藤原鎌足が一堂を創建し、紫色の藤を植え藤寺と号して、家門の隆昌と子孫の長久を祈ったことに始まります(同宮のHPより引用)。

また、安井金毘羅宮では、主祭神の崇徳天皇が、讃岐の金刀比羅宮でいっさいの欲を断ち切って参籠(おこもり)されたことから、同宮は断ち物の祈願所として信仰されています。
男女の縁はもちろん、病気、酒、煙草、賭事など、全ての悪縁を切ることができるそうです。お酒やたばこ、病気などから縁を切りたい方にピッタリですね。

 

おまかせ京都では、この安井金毘羅宮の「悪縁切り守り」を貴方に変わって授かり、自宅までお送りします。

安井金毘羅宮 悪縁切り守り 1,000円(別途送料や手数料が必要ですので、まずはお見積り依頼をお願いします)。


| コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.omakase-kyoto.com/mt/mt-tb.cgi/412

コメントする